忍者ブログ

ちまちまオタ日常記

すこし鬱になる異端系腐女子の日記
忍者ブログ [PR]
10 2018/11 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 12

:2018:11/13/02:42  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2009:07/23/21:30  ++  重力ピエロを読み終えて・・・。

たったいま重力ピエロを読み終えました。

映画版を見ているのでどんなラストになるかは知っていましたが、映画では(設定の一部変更のため)オミットされていた黒澤探偵とか陣リッチとかの描写はとても意外だったし、一人ひとりの心の描き方が今まで読んだ小説の多くと似てるようでどこか違う、不思議な感じがして面白かったです。

で、今から映画→小説という流れを終えて、原作読了後に映画版の話をしたいと思います。

映画から入り原作を読むというのは、(もとはジャニーズ目当てだった)新宿少年探偵団とガンダムエースに宣伝が出まくって気になってた亡国のイージスに続いて3度目でした。
宿少も亡国のイージスも話が削られまくりで多くの設定が変わっててもったいないじゃない!と原作を読み終えてから思ったのですが・・・・
重力ピエロは違った!!

設定は多少変えながらも原作の空気感をうまく再現してたように思います。
シンプルな映像とシンプルな構成。
いやはやすごい。
設定の一部を変えたり、話を削ったりすると原作とは違うニュアンスができて違和感が残るのだけど、原作読了後も映画と小説とのちぐはぐさとかはあまり感じられませんでした。
これはすげぇや!!!!


脚本と監督が誰なのか気になってウィキペディアで調べてみたら、企画脚本が鹿男あをによしの脚本の方で、監督が3月9日のミュージックビデオの監督をなさった方なのね・・・・。どちらも曲が名曲のやつです。
なんか納得。
映像的に3月9日の雰囲気と似てるな・・・・。
PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+