忍者ブログ

ちまちまオタ日常記

すこし鬱になる異端系腐女子の日記
忍者ブログ [PR]
04 2018/05 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 06

:2018:05/27/14:17  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2006:04/11/20:12  ++  アニメの共同制作

専門学校のアニメの授業。
今日からグループをつくり作品をつくる授業に突入した。

自分がしたい役職(監督とかキャラデとか色指定とか原画とか音響とか)をプリントの中から丸をつけ先生にわたし、そこから先生がグループを割り振っていくというカンジ。
オレはココ1年で人の動きを描くのが下手だということがわかり原画をパスして、監督とかも出来ないから『音楽・効果音を中心とした編集』の係りになりました。
周りの人たちも自分の力量を知った上で役職を選んでました。
隣の席の人子はすごい絵が上手いのに背景の係りになったりしてた(もったいないよ!!)

しかし私が入ったグループに只一人自分の力量をわかってないやつがいたのです。

そいつが選んだのはキャラクターデザイン。
しかしそいつの絵は小学生のラクガキレベル。
例えていうなら
草彅画伯のほうがマシ。
草彅画伯はもう芸術なのですが、そいつの絵はカス以下です。
思い出しても吐き気が出そうなくらいキモイし下手。

そんな彼がラフを書いているのをみるとチャラチャラ・・・・。

うちのグループには神作画降臨の超優等生がいるのに、なんで彼なんだろう。

「監督!横横→!!!!」
ともいえず、いつもつるんでる男友達とその友達と愚痴を言い合ってました。

たぶん、先生はわかってて神作画降臨の超優等生をこのグループのアニメーターにしたのではと思います。
彼女がどうアレをリファインするか楽しみだ。
PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+