忍者ブログ

ちまちまオタ日常記

すこし鬱になる異端系腐女子の日記
忍者ブログ [PR]
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2017:10/20/21:14  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2009:08/16/12:07  ++  考えた結果。

13日に仮面ライダーディケイドの映画を見てきました。
映画はテレビ本編の後日談。。本当の最終回ということでシリーズの終了を思わせるシーンが多かったです。
ここではそこまで詳しくは話しません。

ここで話したいのは映画を見終えてから心の中にあったことです。


ディケイドの映画自体がすべての仮面ライダーファンのための作品であったので、製作者に携わっていた人たちが持ってる仮面ライダーの想いを映画を見て感じられました。
私は自分の中に特撮映画に対する恥ずかしさがあったことを後悔しました。
あと、自分の心の中がなんかすっきりしたようにおもえました。

自分の好きなものに対して複雑な気持ちになることはない。
全てが同じなのだ。
好きだという気持ち思いがある。

私はレミオロメンが好きだ。
機動戦士ガンダムが好きだ
テニスの王子様ミュージカルが好きだ
仮面ライダーが好きだ
そこに携わっている多くの人たちが好きだ。

そこから知りうる多くのことが私の糧になっている。
そして隠してしまいたい過去だって私の糧になっている。

全部同じだったんだとようやく気付いたよ。
本当に。

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+